わかば鍼灸院研究所

わかば鍼灸院の研究ブログ

自己治療の記録(2015)

1月31

年末年始にかけてここ最近なかったひどいカゼをひいてしまいました。

毎年だいたいカゼは1~2回ひくことがあります。いつも早めに治療をすればそれほど日数もかからず治癒していました。

しかし今回ひいたカゼには手こずりました。

恥ずかしながらきちんと診察せず誤治をしたり、正しい治療をして鍼の効果に今更ながら感謝したりとたいへん勉強になりました。

反省のためにもそのときの自己治療の記録を残すことにします。

治療は、本治法はてい鍼で井穴刺絡は三稜鍼でしています。

 


 

12月30日

年末最後の仕事の日。この日は身体がだるく、肩背部に冷えを感じ調子が悪かった。12月28日から月経が始まり、そのせいもあるのかなと思っていた。夕食後、気分の悪さを感じた。

 

12月31日

午前中は動けていたが午後から頭痛、筋肉痛、咳、鼻水(どろっとしたあおばな)、のどの痛み、食欲不振、食べ物の味がわからない、軟便、肛門が痛い。しかし腹痛や吐き気はない。

熱は測っていないのでわからないが、以前38度の熱を出したときと比べると筋肉痛やだるさが少なかったため、そこまでの熱はなかったと思われる。

ここで熱を計っておくべきだったと反省。

この日と翌日の元旦が最も体調がつらく、症状を何とか治めようとして治療をしたのですが、どのような治療をしたのかしっかりと覚えていません。

のどの痛みがつらく、筋肉痛があるので陽明経に熱があるだろうと判断し胃経と大腸経の井穴刺絡をした。もう少しのどの痛みが取るために肺経の井穴刺絡もした。これでのどの痛みは軽減した。本治法は肺経に触れると実していたので肺虚陽実証と判断して、肺経に営気の手法を施した。使用経穴は覚えていない。

裏証である胃腸症状があるのに肺虚陽実証で治療してしまったのは誤治でした。しっかりと診察しなかったのは反省すべき点です。もちろん状態は改善しませんでした。

 

1月1日

のどのひどい痛みは治まったが頭痛、筋肉痛、咳、鼻水、食欲不振、味がわからないなどの症状は変化無し。午後から寝ていた。

治療は肺虚肝実証で治療。

なぜこの証で治療したのか覚えていないのですが、月経中に風邪が入ったためにいつものカゼのように治らずこじれているのだと考えたのではと思います。そのため下焦を動かそうとして肺虚肝実証で治療したのだと思います。このときはせっかくのおせちが甘い辛いの大まかな味はわかっても細かな風味がわからず、おいしく食べられなかったのが残念です。

 

1月2日

味の感覚が少し戻ってきた。身体のだるさが減り動けるようになった。

この日は動けるようになり昼食にピザを作る約束をしていたので、作り食べました。まだ胃腸が回復し切れていなかったので、食べた後、気分が悪くなりました。

 

1月5日

仕事が始まる。だるさや咳、おなかの不調はやや残っていた。

 

1月7日

のどの痛みはないがムズムズし咳が続き、経絡を確認すると肺経が実していたため肺経を営気で治療した。

 

1月8日

症状悪化、鼻水と咳こみがひどく、身体のだるさがひどくなる。前日の治療は誤治だったと反省し、肺虚肝実証と判断し、復溜穴を営気で補った。

 

1月9日

だるさは軽減し身体の芯がシャンとした感じ。しかし肌肉の熱が取れず筋肉痛のような感じは残っていた。前日と同様に肺虚肝実証で治療。

 

1月10日

筋肉痛は取れず、特に腰以下のだるさが強い。帯脈と下肢胆経が実してはっきりとラインがわかった。

ここでやっと月経中に風寒の邪気に傷られたため、胆経の経気が停滞し、それが脾を弱らしたのではと考えが至り、脾虚肝実証と判断し、太白を衛気で補い、右胆経の懸鍾穴を営気で施術した。

 

1月11日

筋肉痛やだるさがずいぶん軽減した。身体がかなりすっきりした。前日同様に脾虚肝実証で治療した。

 

1月12日

筋肉痛やだるさがなくなった。のどのムズムズ感、咳、鼻水はあったが、気分良く出かけることができた。

この日以降は体力的には問題なく動けていましたが、のどのムズムズ感と咳こみがなかなか取れず苦労しました。

 

1月13日

のどのムズムズ感が取れず大腸経が実していたので、局所経絡の停滞が取れていないと考え右大腸経の商陽を刺絡、のどのムズムズ感が減りやや楽になった。本治法は肺虚肝実証で治療したが、それほど楽にならなかった。

以前、長く経過したカゼには肺虚肝実証が有効であったことや、のどの痛みがなかなか取れないときに肺虚肝実証が有効であったことから本治法を肺虚肝実証と決めました。

 

1月14日

さらにのどのムズムズ感を取るため左商陽を刺絡。その夜から食欲が低下し、おかしいと感じた。

 

1月15日

朝、目が覚めると気分が悪く、寒気がする。脈は底につくような沈脈と数脈。

すぐには鍼を持てなかったため呼吸法で身体を温め気持ちを落ち着かせた。

落ち着いてから診察すると脾経の虚があり、右関上がとても沈み弱々しく打っている。

脾虚陽虚証と判断し、太白を補い少し休むと身体がさらに温まり寒気がなくなり、気分が落ち着いたので起きて朝食を作り、食欲も出て来ていたので食べた。

昼頃からまた少ししんどくなってきたので、もう一度よく診察した。腹診で肺の見所に熱感と潤いのなさが感じられた。脾の見所は冷えてねっとり感覚があり、陽気が不足し津液が停滞していることがわかった。

治療のためまず肺経を営気で軽擦すると肺の熱は取れるが潤わない。脾経を衛気で軽擦すると脾は温まり、肺の熱が取れてくるため脾経の太白を朝の治療に続き衛気で補う。肺の潤いが少ないためほかを試すと心包経を補うと肺に潤いが出るため大陵を補う。直後から鼻水の量が減った。

 

1月17日

15日の治療以来、のどのムズムズ感と咳こみはあったが、鼻水の量がずいぶん減った。この日も同様に脾虚陽虚証と判断し太白と大陵で治療。

 

1月19日

まだのどのムズムズ感と咳こみはあった。定例会で脈が沈数であれば剛柔治療で陽経が使えると教えてもらった。脈を診ると沈数で脾が虚していたので、剛柔が使えると考え、胆経を治療することに決めた。胆経を確認すると虚していたため懸鍾穴を衛気で補うと、のどのムズムズ感が減り、咳こみも少なくなった。

 

1月20日

この日からのどのムズムズ感と咳こみがずいぶん軽減し、楽になった。この日も胆経を衛気で補い治療した。翌日からはのどのムズムズ感がなくなり咳こみもなくなった。

 


 

治癒までに20日以上かかったのは、途中何度も誤治をしたことによるものです。誤治をした原因は自分の身体をしっかりと診察していなかったことが一番の原因です。それに加えて過去の治療経験から深く考えることなく治療してしまったことも原因にあります。

体調が悪くつらいときは、感覚も鈍り、考えがまとまらないことが多いです。しかしそういう状態でもできる限りの診察をして治療しなければいけないという教訓になりました。

誤治をするとたいへんつらい思いをしますが、なぜと考えることによって成功したとき以上に記憶に残り良い学びとなります。誤治から回復させる治療がうまくいくとすぐに効果が現れ、鍼の効果をより強く体験でき、鍼に対する信頼ができます。

ですので、恐れずに自己治療をしたいただきたいと思います。

最後に自己治療を勧めていますが、自己責任で行ってください。治らない場合は、適切な医療機関にかかってください。

長い文章におつきあいいただきありがとうございます。この文章が自己治療する際の参考になればと思います。