わかば鍼灸院研究所

わかば鍼灸院の研究ブログ

見方を変える

4月13

同じものを見ていても、見方を変えると今まで気がつかなかった新しいことが分かるようになることがあります。

今回は脈の見方で体験しました。

脈診の指の操作法は変えずに自分の内部イメージを変えてみました。

今までは脈を輪切りにしたような断面で見ていました。

今回、ある本の記述から、脈を上から見る感覚で見てみると、弦脈は緊張して跳ねる感じや石脈は硬い脈といった、脈状が脈診書に書かれている表現のように明瞭に感じられました。

この感覚が新鮮に感じました。

治療や他の診察でも固定観念に縛られて、見えていない情報がまだあると思います。

見方を変えてみる、時々してみるといいかもしれません。

posted under 雑感

Email will not be published

Website example

Your Comment: