わかば鍼灸院研究所

わかば鍼灸院の研究ブログ

顔面望診(備忘録)

9月17

・臓は濃い色、腑は薄い色

・肝・胆=青、心・小腸・心包=赤、脾・胃=黄、肺・大腸=白、腎・膀胱=黒、三焦=赤黒

・始めに最も病んでいる色、治療すれば次の色が現れる

・仰向けで寝てもらっている時、顔面全体を見るが、鼻の上の辺りを白目の部分で見る

・明るい、細かい粒子、爽やかな風が流れるようになれば良し、肩奥まで緩む、皮膚潤いつやが出る

・違う経、経穴は暗くなる、停滞する

 

 

 

Email will not be published

Website example

Your Comment: