わかば鍼灸院研究所

わかば鍼灸院の研究ブログ

自然が手本

8月18

すべての答えは、自然の中にあると思っています。

人体の治療においても、良い治療とは自然界の正常な循環法則に従うのがよいと思っています。

実際、治療をしていると人体と地球は共通していると感じることが多くあります。

例えば気の流れ、衛気は身体の表面を風のように流れ、営気は水のように流れるのを感じます。

黄帝内経にも経脈を中国の河川に例えたり、くぼんだところを渓谷に例えたり、人体と自然界の陰陽の気の循環など、人体と自然との類似点や対応が記載されています。

前記事で、愁訴部の気が動けば症状は軽減されると書きました。

全体の正常な循環の中で、苦痛がある部も改善されているのがいい状態だと思っています。

時には救急的に、全体を考えずに処置をすることもあると思いますが、基本は全体の流れを崩さずに治療すべきです。

自然の中で良い気があるところは心地よく感じます。

人体も同様。

良い流れがあれば心地よく、また美しく感じます。

 

 

 

posted under 雑感

Email will not be published

Website example

Your Comment: