わかば鍼灸院研究所

わかば鍼灸院の研究ブログ

てい鍼の手法-気を抜く手法-

1月11

本の中では、てい鍼の手法は衛気の手法、営気の手法と転換手法を載せてありますが、てい鍼でも毫鍼のように様々な手法で補瀉が行えます。

本の中での瀉法は、営気の手法で陰気を補って実を瀉すという方法ですが、ここで紹介する方法は直接、気を抜いてしまいます。

手法の仕方は、てい鍼を通常の持ち方とは逆に持ち、竜頭の部分を皮膚に接触させます。

気は太い側から細い側へと流れる性質があるので、接触しているだけで気は抜けますが、速やかに効果を出したいときは捻転の補瀉を使います。

捻転の補瀉は、時計回りに回せば気が入る補で、反時計回りに回せば気が抜ける瀉になります。

ですから竜頭を皮膚に接触させて反時計回りに回転させるとすぐに気が抜けます。

この手法は、浅いところの熱を取るのに有効です。

私は口内炎の治療の時によく用いています。

治療法は、口内炎ができている部分の外の皮膚に熱感が感じられます。この熱感部を探し手法を行います。手法は熱感がとれるまで行います。熱が抜けると口内炎の痛みがかなり軽減し、治りも早くなります。

舌にできている場合は、直接できないので、地倉穴や熱感の反応が出ているツボに同様に手法を行います。

この治療以外にも皮膚表面の熱が停滞している部分には有効ですのでお試しください。

 

posted under 治療, 治療器具

Email will not be published

Website example

Your Comment: